Tentar non nuoce.

種名は怪しいものもあります。

04/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./06

クモタマゴクロバチ(Idris属)の一種

 コピー ~ IMG_4846

初めて見た。
観察場所を変えたのが良かったのか
個体数は多いみたい。

大きさは、ばらつきがあって0,9mm位が中心値かな?


IMG_4759.jpg 

一眼では、このハチの複眼も解像するようだが、
コンデジのせいか、400万画素しかないせいか解像できない様だ。



IMG_4844.jpg 

獲物を捕らえるためではないクモの巣の中で見る事が多い。
大丈夫なのかと思うが杞憂のようだ。


他の場所でクモの巣が複眼に付いてしまい
葉に擦り付けて落とそうとした姿を見ると人と同じなんだと
微笑ましく思えた。












スポンサーサイト

category: ハラビロクロバチ

[edit]

page top

ハラビロクロバチ科タマゴクロバチ亜科  ?Trissolcus属 ?Idris属の一種

 IMG_3743.jpg

ヤツデの葉裏に小さなタマゴクロバチ亜科の一種。
良く見ると腹部が飴色。
大きさは1mm無いぐらいか?


IMG_3745.jpg

触角を見ると先は楕円となっており、
クモタマゴクロバチの一種かなと思ってみたり・・・・


IMG_3734.jpg

胸に対の溝が見える。
なのでTrissolcus属?と思ってみたり。


IMG_3748.jpg

複眼の色は緑ではなく黒だ。
う~~ん、さっぱりだ。




category: ハラビロクロバチ

[edit]

page top

ハラビロクロバチ科Synopeas属の一種

コピー ~ _MG_3847  

今年は良く観察できます。
ハラビロクロバチ科Synopeas属の一種。


コピー ~ _MG_3816

横から見ると辛うじて判りますが、
丸い腹部の上面が細長く後方に伸びています。
大きさは1mm強。


コピー ~ _MG_3835 

この種は黒い身体に黒い複眼。
頭と複眼の境目がハッキリせず撮りにくい・・・。


コピー ~ _MG_3843 

葉脈を逃げ回る。
撮影を始めても、なかなか動かない・・・と思うと、
さっさと動き出す個体もいて冬眠から目覚めるタイミングが掴み難い。
間違いないのは動き出すと良く動く!







category: ハラビロクロバチ

[edit]

page top

ハラビロクロバチ科タマゴクロバチ亜科Gryon属の一種

コピー ~ IMG_3178  

今年は、このタイプのタマゴクロバチが多い。
何処もそうなんだろうか?
以前トビコバチなどは不思議にリンクしたので、そんな思いを抱く。






category: ハラビロクロバチ

[edit]

page top

ハラビロクロバチ科タマゴクロバチ亜科の一種の越冬体勢

IMG_3331.jpg  

好きなタマゴクロバチ。
異変を感じたのか頭が葉裏から少し離れ気味。

実際には、この上下関係で越冬しています。





category: ハラビロクロバチ

[edit]

page top