Tentar non nuoce.

種名は怪しいものもあります。

09/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

コツチバチの一種 メス

IMG_1033.jpg  

コツチバチ・・
個体数は見るが種は判らない。


IMG_1030.jpg

種が判らないなりに撮影する機会に恵まれた。
盛りの過ぎたポーチュラカに訪花していた。
ツチバチらしく、
隣の花へは徒歩。(笑)


IMG_1031_201611022326177e3.jpg

ストロボの光を多少柔らかくしたが、
やっぱり黒一色の顔のハチは写しにくい。






スポンサーサイト

category: ツチバチ

[edit]

page top

ヒメハラナガツチバチ メス ~2年ぶりの春の出会い~

IMG_6497.jpg  

河川敷では普通は早春からヒメハラナガツチバチとの
出会いは珍しい事ではなかったが、
何故か、ここ2年春の出会いはなかった。

今シーズンは春の出会いがありました。
一瞬、腹しか見えなかったので、
地面でシロスジヒゲナガハナバチが休憩しているのかと思った。
確認すると土の付いたヒメハラナガツチバチだった。
春の出会いが嬉しくて指に乗せて観察。
そして元の場所に戻しておきました。


コピー ~ IMG_6507

しばらく歩くと見慣れた光景。
ヒメハラナガツチバチとタンポポ・・・既視感たっぷり。(笑)


コピー ~ IMG_6511

12月にタップリ見てるけど・・・
早春に見るのは格別。






category: ツチバチ

[edit]

page top

ヒメハラナガツチバチ メス ~セイヨウタンポポ~

 IMG_2464.jpg

12月に入り一週以上過ぎたが、
暖かい日にはセイヨウタンポポの上にヒメハラナガツチバチがいる。
私の方が暖かさに釣られて観察にでかけるので
見かける機会が多いのかのしれない。
きっと、普通の景色なのだろう。


IMG_2456.jpg

今年の春は、この河川敷ではヒメハラナガツチバチを見かけなかった。
むしろ12月に入ってからの方が良く見かける。(笑)


IMG_2474.jpg

花の上にいる個体がチョットした刺激で飛び立とうとしている所。
こちらが動きを止めると、
すぐに翅をたたんで花に潜り込む。

レンズを、すぐ近くまで持ってこないと写せなくなっているので
撮り難そうと思われるかもしれないが・・・

負け惜しみではなく、離れて撮るより面白い。






category: ツチバチ

[edit]

page top

ヒメハラナガツチバチ メス ~アキノノゲシ~

IMG_2128.jpg  

コハナバチを探していると、
低空飛行で移動するハチらしきものがいた。
たまに止って翅をチリチリ動かす。
クモバチ?・・かなり大きいし翅の震わせ方が数少ない。
そんな中で止った姿を見せた。
ヒメハラナガツチバチだった。


IMG_2134.jpg

花はアキノノゲシだが春のような風景。
成虫で越冬するので陽気に誘われ目覚めたのかもしれない。


IMG_2141.jpg

おそらく越冬する個体だろう。
春に会えるように、お互い気をつけよう。




category: ツチバチ

[edit]

page top

ヒメハラナガツチバチ  ~コセンダングサ~

 IMG_1734.jpg

成虫越冬なので11月中旬の終りといえど
暖かければ姿を見る事があります。



IMG_1738_2015112201375159a.jpg

もしかすると早春まで会えないかもしれない。
なので?スキンシップ。






IMG_1838.jpg 

少し離れた場所ではオスも見かけた。
オスは越冬しないはず。

早春にはオスの姿は見ないので、
たぶん越冬は出来ないのだろう。

指を差し出したが、
俊敏な反応で逃げていった。











category: ツチバチ

[edit]

page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。