Tentar non nuoce.

種名は怪しいものもあります。

03/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

キアシハナダカバチモドキ ~オスのパトロール~

 IMG_8859_201608171739130f1.jpg

7月中旬頃の話。
もう、そろそろと思う時期にキアシハナダカバチモドキが
河川敷でパロール飛行を行っていた。
6mぐらいの範囲を横に移動。
侵入者は同種のみならず追いかけるようだ。


IMG_8900.jpg

さらに一週間もすると、
堤防に設けられた歩道の上で同じ場所を繰り返し移動する個体が出てくる。
行き止まりの堤防なので人通りが少ない・・・
おかげでい200mほどの直線で5頭ほど観察できました。

最初はメスが獲物を狩っていると思いましたが、
性別を確認するオスだった。
メスを探すために危険で目立つ場所に出てきているのだろう。






スポンサーサイト

category: ドロバチモドキ

[edit]

page top

キアシハナダカバチモドキ メス ~ノブドウ~

 IMG_6237.jpg

オスを撮影中に2度現れました。
オスを見た後では迫力があります。

大きさが違います、重量感が違います・・・。
オスが22mm前後だとすればと考えてたら、
オスが、すぐに飛んできて逃げて行ってしまいました。


IMG_6239.jpg

前脚の手入れ中。


メスが来ると、すぐにオスが飛んで来ます。
驚くほど素早く。

撮りたいハチが沢山・・・今日も風があったから
撮りにくかった。
明日はどうだろう?
キホリハナバチも気になるしなぁ。










category: ドロバチモドキ

[edit]

page top

キアシハナダカバチモドキ  オス ~ノブドウ~

IMG_6180_20150725152715b07.jpg  

駐車場のフェンスにノブドウが絡まっていた。
少し色目が違うハチが飛んでいた。
脚の色が変った印象を与えているのでしょう。
止った姿を見て少々驚いた。
河川敷では見た事はあるものの、
街中では初めて見た。



IMG_6231.jpg

キアシハナダカバチモドキのオスだった。
ツイッターでオスとメスの違いを教えてもらった翌日だったので
写真も撮り易い・・・2枚目からは次の日に撮影したもの。
このハチなら納得いくまで通ってもいい。

教えていただいたオスの特徴も有し、
(上唇が黒・メスのような前脚ふ節の剛毛がない)
何よりもメスと比べると小さめで華奢。
ツチバチのオスメスの違いと重なる。



IMG_6265.jpg

オスの胸部背面は前縁の細い線以外は黒。
メスには変異があるが前縁以外にも斑が入るようだ。
しかし模様には拘らず、
大きさと体型で判ると思う。
両方見ないと得心は出来ないと思うけど。


IMG_6263.jpg

止ってお腹を上げて・・・
このような作業を始めると少しの間止まっています。
しかし・・・気になる物が目に入ると、すぐにスクランブル。
忙しいハチなので撮影はしにくいですが、
オスという事を考えれば、まぁ納得。



IMG_6267.jpg

訪花植物の前で3時間も立っていれば、
それなりのチャンスは巡ってきます。

顔は日焼けて真っ黒になるけれど。(笑)






category: ドロバチモドキ

[edit]

page top

キアシハナダカバチモドキ オス? ~パトロール中~

 IMG_0088.jpg

堤防から河川敷に降りる階段で占有行動をとっていた。
クマバチのように侵入者があれば追っていく。
しかしクマバチと比べると、かなり深追いする。

写真の個体は、かなり追って行った先で葉の上に止まった所。
すぐに逃げられた。
逃げられたと言うか、縄張りに戻っただけかもしれない。





ot.jpg 

オスだとは思うが、上唇は見えない。

しかし前脚の、ふ節に毛の確認が出来ない。
よってオスだと思うよ。(笑)

















category: ドロバチモドキ

[edit]

page top

キアシハナダカバチモドキ メス ~ヤブカラシ~

IMG_0474.jpg  

この写真も草の間からヤブカラシの花を狙ったもの。
炎天下タオルを被り・・・良くやるよと思いながら。

写真を撮り終え・・はたと思った。
こいつはオスなのかメスなのか?

前に観察した個体は占有行動を取っており、
オスだと思われた・・・
占有行動の追い払いは、かなり追っていました。

今回は花の前での待ち伏せ・・
オスかメスか判らんではないか。



mesuT.jpg

ネットで調べると、
ネット上で知っている方の書き込みがあった。
拾った?とか・・・。

早速お伺いすると丁寧な解答を得ました。

顔の模様では上唇が♂では黒く♀では白くなってます。
形態的な違いでは
♂の方が大顎が華奢なことと触角の節数。
大きな違いは前脚付節で、
♀では穴を掘るため強大な剛毛が生えてました。

ありがたい・・
メスで良さそうです。


IMG_0475.jpg 

こちらが触角の節数が判る写真・・・
メスだと判っても外見的違いも知りたいですよ。
こんな記事を読んでいる方もいるかも知れませんので、
黄色い斑などは個体差が出る事があります。
黄斑は参考程度が良いと思います。


IMG_0470.jpg 

などと言いつつ・・・
背中からのUP。


IMG_0472.jpg 

形態の美しさもありますが、
印象に残る複眼。
肉眼で見ると、もっと美しいのです。








category: ドロバチモドキ

[edit]

page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。