Tentar non nuoce.

種名は怪しいものもあります。

03/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

アマナ ~咲き始め~

コピー ~ IMG_6540  

河川敷のアマナが咲き始めた。
開花しているのは数えるほど。


コピー ~ IMG_6538

もう少し暖かくなるとコハナバチの仲間が集まってくるが
今はヒラタアブの仲間が主流。





スポンサーサイト

category: 山野草

[edit]

page top

コモウセンゴケ

 IMG_3526 (1)

この丘陵ではコモウセンゴケを見ることが出来ます。
初夏に花を付けるのを見たいと思いますが、
その頃はハチの撮影で訪れるのは難しい。












category: 山野草

[edit]

page top

マタタビの花

IMG_2684.jpg

山の中に入るとマタタビの葉が白くなっています。
白くなるのは花が咲いているのを
昆虫などに教えているという話も聞いた事がありますが真偽は不明です。


IMG_2657.jpg

この花は両性化。
オシベとメシベの両方を有します。
雌株に咲く花です。

メシベだけの雌花が付くと記したものがタマに見かけますが
マタタビの両性花は花弁と一緒にオシベも落ちるために
そう思われる事が多いのかもしれません。

一番奥の花が花弁とオシベが落ちたものです。



IMG_2530.jpg 

こちらが雄株に咲く雄花。

白くて魅力的な花。
花に接近する際は足元に注意してください。
ヘビとの遭遇率が少し高いみたいです。(笑)










category: 山野草

[edit]

page top

イナモリソウ

 IMG_2480.jpg

初夏の花。
山で見てこそ美しい花だと思う。
この花に逢うために何時間もかけて来られる人もいる。
大切にしたい花。


IMG_2671.jpg

同じ山でも生育環境によって
花開く時期がずれるので咲いている場所を知っていれば
長く楽しめる花です。


IMG_2667.jpg

少し暗い尾根道に咲くイナモリソウ。
こんな景色は、いつまでも見たいものです。

IMG_2674_20150607015546a0b.jpg

5裂した花。


IMG_2675.jpg

6裂した花。


IMG_2664.jpg

7裂した花。

大切にしようね。





category: 山野草

[edit]

page top

トリガタハンショウヅル

IMG_5061.jpg 

トリガタハンショウヅルです。
花弁のように見える萼の形が、
シロバナハンショウヅルと違うので違う印象を受けます。





IMG_4927.jpg 

高知県、鳥形山で発見されたのが名の由来。
シロバナハンショウヅルと同じくキンポウゲ科のツル植物。
やはり花弁に見える所は萼です。





IMG_5021.jpg 

シロバナハンショウヅルの葉とは違いますね。

















category: 山野草

[edit]

page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。