Tentar non nuoce.

種名は怪しいものもあります。

空の境界  未来福音

 判る人が、どの位いるのか?
結構いるのだろうとは思っている。

「空の境界」は好きな部類で見ています。
終章は、あまり好きではないけど。

未来福音は良い作品でした。
知りたい事も、はっきりではありませんが教えてくれるし。
二人の子供が見られるとはありがたいことでした。
大人?になった式の姿もありがたい。

織も、あのような描写で本当に良かった。


血は多少出ますが(笑)
暖かな気持ちにさせてくれる作品となってました。




スポンサーサイト
  1. 2014/02/27(木) 05:53:33|
  2. 感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ナミコオロギバチのオス

IMG_3029.jpg

ナミコオロギバチが冬でも歩き回っている場所では、
大きくて頑丈な印象を受けるナミコオロギバチと、
妙に小さくて可愛らしい印象の良く似た蜂がいます。


IMG_2984.jpg

丸っこい頭が印象に残りますが、
写真の写りによるものかもしれません。
確実なのは明らかに小さいと言う事。

最初はヒメコオロギバチかなとも思いましたが、
翅の色など違う部分があるようです。
自然に考えるとナミコオロギバチのオスなのでは?


IMG_syo2984 コピー

上の写真の触覚部分を拡大してみました。
節数は13です。

コオロギバチの仲間のオスが触角の節数が13なら良いのですが、
その情報を持ち合わせていません。

調べて行く過程での記事ですが、
その内、加筆、修正・・・?が消えるかもしれません。(笑)

信頼している方よりコオロギバチのオスの触角の
節数は13節と教えていただきました。
?マークを消します。2014・02・23






  1. 2014/02/19(水) 02:26:39|
  2. ケラトリバチ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

伸びてきた

140128.jpg

毛の密度が増えてきた。
太ってるのではないよ、撫で付けたらホッソリになってしまうから。


IMG_9552.jpg

胸と首周りは特に増えてきます。


140212.jpg

同じ棚の隅っこに寝る事が出来ていたのに、
その棚でも手狭になってきました。


IMG_9560.jpg

人間が食事中、
テーブルの下で寝ていた・・・・。
カメラを構えたら、起こしてしまった。








  1. 2014/02/17(月) 17:43:01|
  2. にゃん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

フキノトウ

IMG_1354.jpg

標高が少し高い場所。
フキノトウが顔を出していました。
まだ写真で見るような状態まで成長していません。


フキノトウ

少し標高が下がって日当たりの良い場所では、
蕾が黄色くなり始めていました。

山の麓では砂利に覆われた駐車場など、
思いがけない場所で見ることも多いです。

時期にしても標高の高い場所では、
5月に新しく作られた砂利を敷き詰めた新しい林道に
多数のフキノトウが芽吹いており驚いた経験があります。

もう、しばらくするとフクジュソウ・セリバオウレン・・・
少し遅れてユキワリイチゲ・・・春はすぐそこ?






  1. 2014/02/16(日) 18:52:11|
  2. 山野草
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ナミコオロギバチと夏のヒメコオロギバチ 

IMG_c8152.jpg

13mm位ありそうなナミコオロギバチ。
気温は低いが陽射しがあり巣穴の周りを活動中。
冬でも陽が射せばウロウロしていて、
寒い時期でも活動中が観察できるコオロギバチは嬉しい存在。


IMG_c8150.jpg

落ち葉の間や地面の穴、割れ目などを覗いているようです。


IMG_2979.jpg

私がナミコオロギバチの典型だと思っている個体。
まず大きくて14mm位はありそう。
翅は褐色を帯びます。
胸部背面は半光沢のように見えます。
非常に細かい点刻が、そのように見せてるのだと思います。

IMG_3212.jpg

一箇所の穴だけから出入りするわけではなく。
同個体が何箇所の穴を探索しているのが観察できます。


IMG_3278.jpg

なお私見ですが、ナミコオロギバチのメスとオスでは、
胸部背面の印象が少し違うような気がします。
冬の巣穴の周りを歩く個体を観察すると、
そんな印象を受けるのです。
まだまだ、観察を続けたいと思います。



夏の初めヒメコオロギバチ
IMG_8928.jpg

こちらは夏の初め・・ヤブカラシのヒメコオロギバチ。
翅は褐色を帯びていない。
胸部背面の点刻もナミコオロギバチより荒い様です。

他には腹部の白帯がナミコオロギバチより目立たない・・・
などがあるようですが、微妙で光線や写りなどで迷う事も多い。


IMG_9255.jpg

大きさはヒメコオロギバチが小さいですが、
個体差・性差などを考えると見分けは楽々という訳ではないようです。








  1. 2014/02/13(木) 22:50:15|
  2. ケラトリバチ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

陽射しにさそわれ・・

IMG_8165.jpg

たまに射す陽射しに誘われたのか、
ニジゴミムシダマシが歩いていました。
気温は、そんなに高くはありません。
かっては、田を仕切っていた木の枠が腐ってニジゴミムシダマシの
越冬場所と幼虫の育つ場所となっているみたいです。
夏に行くと必ず何頭かに出会います。


IMG_8141.jpg

テスト撮影。
EFS55-250mmF4.0-5.6ⅡにDCR-250の組み合わせ。
海外では、この組み合わせの投稿サイトもあるみたい。
まだ、良い部分は見出せず・・・。(当たり前)
DCR-250はフリーサイズのアタッチメントが大き過ぎ・・・・
ステップダウンを使った方が良いかもしれない。
使えるのか?レンズとレンズの隙間があるか少し心配。




IMG_8166.jpg

ナナホシテントウ・・・・
背の低い花に埋まってヒメハナバチなど撮影すると、良く見かけます。
見たよ・・・という事で(笑)

  1. 2014/02/12(水) 06:00:29|
  2. 甲虫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

三温糖シフォン

IMG_9510.jpg

いつも糖分は上白糖。
今回、初めて三温糖を使ってみました。
20cmの型で75g投入。
全卵6個仕様です。


IMG_9512.jpg

甘さは、少なめに感じます。
だだ体調による変化の範囲内だと思います。
甘さにコクを感じるか・・・・判りません。

バターシフォンでも良かったのですが、
バターフレバーは冷却で締まってくるので却下。

軽く焼いてバターをおいて食べる事にしようか・・・
と考えています。





  1. 2014/02/11(火) 17:57:53|
  2. シフォンケーキ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

逃走準備!!ヒメコバチ科 (Apleurotropis sp. )

IMG_9430.jpg

触角良し。
翅よし。
腰を反らして・・・・。

それ!一目散に逃げるのだ!!



  1. 2014/02/07(金) 06:03:29|
  2. ヒメコバチ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヒメコバチの一種

IMG_9476.jpg

このコバチも1mmも無い。
頭部が黒ければ見たことがあるヒメコバチと似ているし、
胸の構造も同じように見える・・・が、小さい。


IMG_9470.jpg

良く歩く。
ヒゴバエの下の葉から発見。


IMG_9472.jpg

う~~ん、どこかで見たような気がするが思い出せない。







  1. 2014/02/07(金) 05:22:45|
  2. ヒメコバチ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヒメコバチ科 ?Pediobius属 の1種

IMG_9447.jpg

ヤツデの葉裏に0.8mmぐらいの粉のように見えたハチ。
液晶に画像が現れた時Pediobius属だと思った。

でもこんなに小さいのは初めて見る。


IMG_9443.jpg

正面から・・・なんだか良く判らない。


IMG_9445.jpg

脚の様子もPediobius属を思わせる。
小さすぎて大まかな形しか判らない・・・。

形が似ているだけでPediobius属というのは早急だが
?付きで題名としよう。


IMG_c9439.jpg

画質はボロボロだけど、
胸部のUP.











  1. 2014/02/07(金) 03:43:52|
  2. ヒメコバチ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

藁色のヒメコバチ科Sigmophora brevicornis

IMG_9008.jpg

ネットで検索するとヒメコバチ科Sigmophora brevicornisと出てきます。


IMG_8213.jpg
黒い部分が多い。

IMG_9013.jpg
黒い部分が減ってきた。

IMG_7120_2014020615383132e.jpg
胸部は、ほんのり黒いぐらい。

上の3枚もヒメコバチ科Sigmophora brevicornisと出てきます。


コピー ~ IMG_8999

背面は微妙に違う・・・
色目のせいかと思うくらいの差です。
しかし、地色の赤味が少なくて黄色を強く感じます。


IMG_9004.jpg

IMG_7342.jpg

観察した絶対数が少ないので判断は怪しいですが、
赤味の強い方は口元から複眼下に黒い線があります。
藁色の方は無い様に見えます。
(この辺りは、もっと観察を要すると思います。)
複眼の赤の鮮やかさが違う・・・など気になります。

藁色のSigmophora brevicornisと飴色のSigmophora brevicornis。
本当は、皆さんは理由は御存知で、
私が知らないだけかもしれません。

名前を間違えているかも・・・基本的な間違いですね。(笑)

まぁ、気になるので飴色のSigmophora brevicornisとは、
良く逢いますからシッカリ見ていきたいと思っています。






  1. 2014/02/06(木) 05:35:55|
  2. ヒメコバチ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヒメコバチ科 (Apleurotropis sp. )

IMG_9316.jpg

ヤツデの葉裏でキラリとメタリックグリーンが光りました。
大きさは1.5mm位か・・。


IMG_9323.jpg

毛が生えた複眼。
被写界深度の浅さやピント面が判りますね。


IMG_9321.jpg

複眼の間をほぼ直線が横切ります。


IMG_9337.jpg

小楯板に白い長い毛が見えます。


IMG_9344.jpg

大きく撮ってみましたが、
所詮デジタルズーム。
小さく撮った方に、対の白い毛とVの溝が薄く確認できました。


ネットでの情報を集めると、
この個体は
Apleurotropis sp.の表記で良さそうです。














  1. 2014/02/05(水) 06:48:28|
  2. ヒメコバチ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヒメコバチ科の一種(Elachertus sp.)

IMG_9366.jpg

大きさは1.5mmぐらい。
アオキの葉裏にいました。
明確な画像でではありませんが触角の曲がり方、胸の構造から、
そらさんおちゃたてむしさんが紹介されたコバチに近い種、
もしくは同種だと思われます。


IMG_9364.jpg

腹から産卵管のようなものが見えますが、
偶然そうな風に見えたのかもしれません。

なかなか、写すのが難しいコバチでした。
どうして難しいのかは不明。
この体形で背面に毛があるヒメコバチも難しい・・・。
毛があり体の幅の広いもの(良く見かける)のも難しい。
未だにUPできない。








  1. 2014/02/05(水) 06:14:31|
  2. ヒメコバチ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ホソハネコバチの一種

IMG_9369.jpg

見た感じからホソハネコバチの一種で良いと思う。
良く見るホソハネコバチと違うのは、
体色にオレンジ色を感じさせる部分が無いという事。
大きさは1.3mm位。


IMG_9371.jpg

葉の上を、ひたすら逃走。
ここまで動くとピントの検出機能は邪魔。
MFにして液晶に集中。
勢いでシャターを切って、
悪く言うと偶然を当てにする・・・(笑)






  1. 2014/02/05(水) 05:24:54|
  2. ホソハネコバチ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ホソハネコバチの一種

IMG_8853.jpg

ホソハネコバチの一種。
胸部は艶やかに見えますが対の縦線があります。
大きさは体長1.7mm強と言った所。
薄く細い後翅が確認できます。


IMG_8851.jpg

IMG_8539.jpg

複眼の間に横に走る線が見えます。



IMG_9254.jpg

細い後翅と胸部の縦線が
ほんのり(笑)確認できます。








  1. 2014/02/04(火) 05:49:24|
  2. ホソハネコバチ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハラビロクロバチ科Synopeas属の2種

IMG_9162.jpg

ハチしか見えない振りをして・・・(笑)
ハラビロクロバチ科のSynopeas属のようだ。
今年は良く観察できます。


IMG_9172.jpg

すぐに状況を察して逃走。
小さいので撮りにくい。


IMG_9177.jpg

腹は普通の形。



IMG_9181.jpg

いました。
腹部上面だけが伸びたような・・・
薄っすらと翅越しに見えています。


IMG_9185.jpg

いつも目的にしている大きなヤツデから、
小さな森を挟んだアオキの一株、低い葉に多く観察できます。


IMG_9115.jpg

撮影を始めると逃走・・・。
ふっ・・・画面から消えてしまいました。
逃げたと思いましたが私の左手に。


IMG_9211.jpg

私の指先にいました。
指紋と比べると大きさが判り易いかも。







  1. 2014/02/02(日) 16:39:17|
  2. ハラビロクロバチ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ノミコバチ科の一種  ( Elasmus sp. )

IMG_8331.jpg

地面から10cm位の変形したヤツデで越冬中。
一月の頭の撮影。
私のカメラでは、ノミコバチ撮りにくいのです・・・。
UPするのに時間がかかったのです。
コバチとしては大きくて、肉眼でも確認は楽々。


IMG_9054.jpg

ヤツデをめくってみて・・・
「おはようっ!」コバチにとっては迷惑な話です。


IMG_8342.jpg

写真には写っていませんが、
ノミコバチと呼ばれるだけあって、後脚の腿が太くなっています。


IMG_9062.jpg

このスマートでスッキリした体躯・・
脚まで長い・・・

IMG_9242.jpg

目覚める前に正面から・・・・
本当は、もっと美しいみたい。
残念だけど他の人の写真は、もっと美しい。

好きなコバチではあるが、撮りにくいノミコバチの一種でした。







  1. 2014/02/02(日) 15:53:34|
  2. ノミコバチ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トビコバチ科 ?Microterys nietneri

IMG_9153.jpg

以前見たものに良く似ている。
見たのも同じヤツデの株。
しかし触角が綺麗に3色に分かれています。
体長も、若干大きいような印象です。


IMG_9152.jpg

さらに前回は翅は透明でしたが、
今回は模様が付いています。

もっと撮りたかったのですが、
気温が高くて、あっという間に跳ねていきました。










  1. 2014/02/02(日) 02:08:16|
  2. トビコバチ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

うすのき

Author:うすのき
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ヒメハナバチ (94)
コハナバチ (99)
ハキリバチ (84)
ケアシハナバチ (8)
キマダラハナバチ (8)
アシナガバチ・スズメバチ (23)
ミツバチ (17)
コシブトハナバチ (1)
ツチバチ (18)
ドロバチ (4)
アナバチ (2)
ドロバチモドキ (6)
セイボウ (4)
ヒゲナガハナバチ (29)
ギングチバチ (4)
ツヤハナバチ (12)
フシダカバチ (3)
フトハナバチ (8)
ルリモンハナバチ (3)
マルハナバチ (8)
ヒメバチ (11)
ムカシハナバチ (21)
ケラトリバチ (12)
クモバチ (7)
ハラビロクロバチ (11)
コマユバチ (5)
シフォンケーキ (18)
ムカシハナバチヤドリ (2)
栗の渋皮煮など (7)
未分類 (1)
チーズ (1)
和菓子 (3)
handmade (0)
バッタ (1)
ハエ (26)
庭木・街路樹 (4)
山野草 (34)
にゃん (17)
柿 (2)
甲虫 (5)
洋菓子 (2)
クモ (81)
柑橘 (4)
カメラ (3)
カゲロウ (2)
カメムシ (3)
鳥 (3)
カエル (1)
蝶・蛾 (11)
トンボ (4)
図鑑 (1)
カマキリ (4)
感想 (1)
切花 (3)
紅葉 (1)
ライトアップ (2)
コケ・シダ (5)
スミレ (11)
小物 (1)
ハエヤドリクロバチ (2)
タマバチ (1)
ヒメコバチ (45)
トビコバチ (19)
ツヤコバチ (4)
ナガコバチ (8)
コガネコバチ (5)
ホソハネコバチ (2)
ノミコバチ (2)
カタビロコバチ (2)
オナガコバチ (3)
ナナフシ (1)
クマバチ (1)
ハチミツ (1)
アシブトコバチ (2)
チョコレート (2)
クマバチ属 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR