Tentar non nuoce.

種名は怪しいものもあります。

04/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./06

イマイツツハナバチの巣材集め

IMG_6149.jpg

初めてイマイツツハナバチが葉を咥えているのを見た時、
単に身体を安定させているのかと思った。


IMG_6158.jpg

そして猫などが被毛の手入れをするかのようなポーズ。
後にイマイツツハナバチは葉を丸く切り取らず、
噛み砕いて巣材とすると聞き、
巣材集めの行動だと教えていただいた。

そして疑問も出来た。
噛み砕いた葉をどうやって巣まで運ぶのか?
ドロバチのように口に咥えて?
そうなら、身体を折り曲げたこの行動の意味が判らなくなる。
スコパに塗りつけて?
スコパが緑色のイマイツツハナバチは見た事が無いし・・・・

いつかは身体を折り曲げながら何をしているのか
撮影したいと思っていた。



IMG_8955.jpg

まだ新しい葉を齧っているツツハナバチを見かけた。


IMG_8960.jpg

葉の齧り痕から齧った量が推測できます。


IMG_8961.jpg

齧った葉は葉の上などの置いているようです。


IMG_8963.jpg  

そして御馴染みのポーズ。
何をしてるのか横から覗いてみます。


IMG_8965.jpg

葉の上には齧った葉が見られます。
イマイツツハナバチは後脚で
背中側の葉を引っ掛けて、
中脚で前方の葉を引っ掛けています。

前脚はフリーの状態で、何らかの作業をしている様子。
よ~~く目を凝らしますが良く判りません。

いつかは写真なり動画なりで、
何をしてるのか撮影したいと思い続けています。








スポンサーサイト

category: ハキリバチ

[edit]

page top

イマイツツハナバチ

IMG_1156.jpg

畑の横の庭木(ツツジ科)にイマイツツハナバチのメス。
私が最初にマジマジと見た最初のハキリバチ。


IMG_8772.jpg

山麓の街中の公園でラベンダーで見つけました。
小さくて可愛いハキリバチ。
大きさは9mm位との事ですが、もう少し小さな個体もいるようです。


IMG_4923.jpg

レンゲの花で。
イマイツツハナバチは色々な花に訪れるようですが、
マメ科が一番の好みかもしれません。


IMG_5985.jpg

私が最初に確認したのはノイバラでした。
花から花へ・・・移動が早くて驚きました。
せわしないハチやなぁ~と思いましたが、
今から考えるとたいした事無い。(笑)


IMG_9013_201405251605486d9.jpg

マメ科のミヤコグサ。
河川敷の花の中ではイマイツツハナバチの
お気に入りの一つのようです。


IMG_0568.jpg

3月の中旬頃、
このような感じで日向ぼっこ。
春の始まりには活動を始めている印象です。


IMG_0690.jpg

こちらはオス。
大きく撮れたのは、13cmまで寄れたから。
実際は7~8mm位しかない小さなハチです。

イマイツツハナバチは割りと身近で見る事が出来るようです。
ブロッコリーの花でも見かけましたし、
税務署の近くの畑でも見た!!(笑)






category: ハキリバチ

[edit]

page top

セイヨウヒキヨモギ

IMG_1864.jpg

初見のような気がする。
引っ越した事で、このような経験が多いのかもしれない。

高さは大きいもので25cmぐらい。
堤防の住宅地側のガードレールの下に花を咲かせていました。



IMG_1863.jpg

レモンイエローの花を咲かせています。


IMG_1865.jpg

この花の感じはゴマノハグサの仲間ぽい。


IMG_1866.jpg

IMG_1867.jpg

一時期山野草やスミレを撮影していたので、
大概は科が推測できるようになっている。
調べるとセイヨウヒキヨモギと言うらしい。

科名は、ゴマノハグサ科の他にもありました・・・
新しい分類になって久しいが、
その頃から植物は余り撮っていなくて理解不足がはなはだしい。

詳しい事は検索してみてください。







category: 山野草

[edit]

page top

バラハキリバチ  メス  ~竹筒の中~

IMG_1780.jpg

畑の周りなどに置いてある資材。
たまに野晒しにされた竹筒などを見かける。
ハチなどが営巣しないかと思い注意深く見る事にしています。

用水路を挟んだ畦の竹筒に、
バラハキリバチが入っていくのが見えました。



IMG_1784.jpg

農作業されている方にたのんで畦道に入り、
竹筒の前で待機。

しかし・・・出て来ません。
竹筒を覗き込むと暗い所でハチの複眼の反射らしき物。

レンズでピントを合わせると、おぼろげにハチの姿が。
そんなに近寄ってはいませんでしたが、
警戒されて出てこれなくなっていました。

一枚だけフラッシュを焚き撮影。
営巣の邪魔はしたくないので、引き上げる事にしました。








category: ハキリバチ

[edit]

page top

結局・・・・・・・

IMG_9681.jpg

横になっていると・・・
上から、お呼びがかかる。
棚の上から下を覗きこむように。

「なに?」・・・・甘えるような仕草。
可愛いもんだと思いつつ・・・目を合わせ。



IMG_9688.jpg 

え?
結局、寝るの?






category: にゃん

[edit]

page top

キオビツヤハナバチ メス ~ハルジオンの花で~

IMG_6559.jpg

ハルジオンの花にキオビツヤハナバチのメス。
大きさは6~8mmと言った所らしい。
この個体は8mm近くはあります。
家の近所のキオビツヤハナバチは小さくて6mm位。


IMG_6621.jpg

肝心の顔のアップを撮りたいが、
なかなか、こちらを見ない。


IMG_6584.jpg

上から見たところ。
必ずこのような模様でもなくて、
胸部背面に縦の対の線が入る事もあるみたい。


IMG_6625.jpg

少し顔が見えましたが、
一応の同定ポイントとなる黄斑はハッキリしない。


IMG_9576.jpg

ノブドウの葉の上のキオビツヤハナバチのメス。
良く似た大き目のヤマトツヤハナバチでは大顎の、すぐ上の
横の対の黄色の線の中央部分が上に伸びる。
」L」活字が無いので判りがたいが、
Lの字を背中合わせに書いたようになるらしい。 

ヤマトツヤハナバチはまだシッカリと確認した事が無い・・・
大き目のツヤハナバチは山中で見るのだが、
反射や花粉の付着で確認できない・・・
変異もあるようでファインダーで見て?となる個体もいる。

確証はないが、
この程度の黄斑ならキオビツヤハナバチで良さそうである。






category: ツヤハナバチ

[edit]

page top

バラハキリバチ  オス ~春菊の花で~

IMG_1794.jpg

貸し農園の春菊の花で、
バラハキリバチのオスが吸蜜中。
ツルガハキリバチより若干大きくて12~14mmという事です。
この個体は12mmと言った所。(推測)

春菊の花に来るのは、ほとんどの場合オスのようです。
メスは少し離れたアブラナ科に花に夢中。


IMG_1796.jpg

貸し農園なので、近くに寄る事は難しく・・・
そのうち大きく撮った写真もUPしましょう。




 

category: ハキリバチ

[edit]

page top

ツルガハキリバチ  オス ~ハルジオンで~

IMG_6593_20140509174435d17.jpg

公園の一角にハルジオンの小さな群生がありました。
間隔を置いて小さなハチが花を訪れています。
大きさは9mmから13mmという事になっているようです。

この個体は10mmと言った所。


IMG_46593.jpg

昔はバラハキリバチモドキと呼ばれていたようです。
良く似ていますが、胸部・特に頭部に黒い毛が混じっていると、
ツルガハキリバチと聞きました。


IMG_6606.jpg

間隔を置いて5分とか10分とか・・・
ハルジオンの花を訪れます。

結構忙しい動きをしますが、
長いと花の上で1周から2周してくれます。
楽しく撮影する事が出来るハチだと思います。
やった~~とか、歯ぎしりしたりとか・・・・(笑)


IMG_6609_201405091744377c2.jpg

ハキリバチは可愛い種が多いですが、
ツルガハキリバチも可愛いです。
外見も、動きも愛らしい。


IMG_6615.jpg

涙が出るくらい忙しく動くハチがいる中で、
腰をすえて撮影すると、可愛く撮れるのではないかと思います。







category: ハキリバチ

[edit]

page top

ムネアカキアシヒメハナバチ メス ~テニスコートの横で~

IMG_1693.jpg

2015年3月ムネアカキアシヒメハナバチと判りました。

ミヤコグサも咲き始めイマイツツハナバチの様子を見に行った。
結果は空振り・・・。
まだ集まってはいなかったようだ。


IMG_1721.jpg

仕方がないので、帰りは反対側の河川敷を歩く。
テニスコートの傍らが花で黄色くなっていました。

コメツブツメクサとヘビイチゴかカタバミあたり?
堤防を降りて確認。
コメツブツメクサとヘビイチゴの仲間の花だった。


IMG_1692.jpg

ヒメハナバチを探す・・。
飛んでる・・。
「キアシヒメハナバチ」か「ムネアカキアシヒメハナバチ」。
訪花植物から見るとキアシヒメハナバチ。
顔孔毛の色からもキアシヒメハナバチ。
キアシヒメハナバチにしてしまおうかと思う。

しかし、確証となると毛に覆われて写らない部分がある。
さらに、他の種の可能性もある。
生態写真と標本では印象が違うからだ。
困った。


IMG_1691.jpg

最近、写真が撮れない。
確認しては消去の繰り返し。
イマイツツハナバチ・ツツハナバチ・バラハキリバチ・
ヤマトハキリバチなど見かけると撮影するが・・・だめ。

まぁ、こんな時もあるよね。





category: ヒメハナバチ

[edit]

page top