Tentar non nuoce.

種名は怪しいものもあります。

03/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./05

クマバチ メス ~探索中~

 IMG_7381.jpg

フジの花が、ちらほら咲き始めた公園で
3本ほどの樹を探索しているクマバチがいました。
いろんな場所に止まったり、
写真のように齧ったり。
明らかに営巣場所を探っているようです。

5分ほど飛び回っていましたが、
気に入った場所がなかったのか飛び去って行きました。



スポンサーサイト

category: クマバチ

[edit]

page top

ヤマトツヤハナバチ メス ~タンポポ~

IMG_7539.jpg 

山の開けた場所に タンポポが咲いていた。
花の上には、見るからにツヤハナバチっぽいハチがいた。
環境・大きさなどからヤマトツヤハナバチ。
しかし顔の黄斑を撮らないと・・・。

うむぅ~~なかなか、こっちを見ない。

IMG_7548.jpg

一瞬顔の上がる時や、
顔の上がる角度を想像しながらカメラを移動させるが・・なかなか。
何とか2枚ほど写った。

まぁ、ヤマトツヤハナバチのメスらしい黄斑。
花粉が付いていて見えない時もあるし・・・
黄斑の変異が大きくて?となる時もある。

今回は運が良かったみたい。



category: ツヤハナバチ

[edit]

page top

ダイミョウキマダラハナバチ ~タンポポ~

コピー ~ IMG_7507 

ダイミョウキマダラハナバチとタンポポの組み合わせ。 
とても良く似た構図の写真を撮る事が多いので、
違う感じの写真もと思って・・・(笑)



category: キマダラハナバチ

[edit]

page top

キバナヒメハナバチ メス ~山のタンポポ~

 IMG_7446.jpg

山の開けた場所にタンポポがパラパラ咲いていた。
良く見ると所々に黒くて動くものが。

艶のある身体に発達した後脚脛節刷毛。
キバナヒメハナバチであった。




category: ヒメハナバチ

[edit]

page top

ムネアカキアシヒメハナバチ メス ~オヘビイチゴ~

コピー ~ IMG_7488 

オヘビイチゴの花にムネアカキアシヒメハナバチ。 
ついに、この季節が!
と思っていたら、記事がUPできたのは4月下旬となってしまった。



コピー ~ IMG_7466 

明るい陽射しの中、
気に入った花ならばオシベ・メシベを抱え込むようにして
花上で一周。
シャッターチャンスは一杯あるようですが、
やっぱり一瞬。

え~?と思うかもしれないけれど撮れば判る。







category: ヒメハナバチ

[edit]

page top

フタモンカタコハナバチ メス~イチゴ~

 IMG_7388.jpg

プランターのイチゴの花にフタモンカタコハナバチ。
忙しく飛び回る。


IMG_7399.jpg 

露地栽培のイチゴの白い花と
暖かな陽射し。

いい季節だなと心底思う。







category: コハナバチ

[edit]

page top

ニッポンヒゲナガハナバチ オス ~レンゲ~

 IMG_j7352.jpg

まだ一部しかレンゲが咲いていない頃。
レンゲの花の周りでは、
イマイツツハナバチ・マイマイツツハナバチ・ニッポンヒゲナガハナバチ・・・
他のハチも飛んでいる。

今日は農家の方が見当たらないので、
農道からの撮影。
また撮りに来れば・・・
と思っていたがブログ更新も、ままならず。

レンゲとハチ・・・好きな景色。




category: ヒゲナガハナバチ

[edit]

page top

ミツクリフシダカヒメハナバチ メス ~タンポポ~

 IMG_7321.jpg

タンポポの上に大きめに見えるヒメハナバチ。
わりと予測し易い訪花パターン。


IMG_k7317.jpg

種類は・・・
と撮影していると特徴的な腹部が見えた。
腹部の各背板後縁が反っている。
ミツクリフシダカヒメハナバチのようだ。

IMG_k7322.jpg

中胸盾板の点刻の状態も一致。
ミツクリフシダカヒメハナバチで良さそうだ。







category: ヒメハナバチ

[edit]

page top

ムネアカキアシヒメハナバチ オス

 IMG_7302.jpg

ムネアカキアシヒメハナバチのメスを探して
オヘビイチゴの花を捜すがまだ咲いていなかった。

すぐ脇のセイヨウカラシナの群落にオスを発見。
この畑の横でヒメハナバチが見つかったのは初めてで少し驚く。



IMG_7297.jpg 

この河川敷のムネアカキアシヒメハナバチだが
早く出現する菜の花を主に訪れるグループと
少し遅れながらも個体数の多いオヘビイチゴなどを主に
訪れるグループに分かれているような印象がある。

タンポポには両グループとも良く訪花するようだ。 
















category: ヒメハナバチ

[edit]

page top

河川敷のキバナヒメハナバチ

 IMG_7287.jpg

今期は河川敷のキバナヒメハナバチが早く発生した。
上の写真はキバナヒメハナバチのメスだが、
撮影角度のせいで少し印象が違う。


IMG_g7271.jpg

発達した後脚脛節刷毛にみっちり付いた花粉。
こんな点からも、今の季節ならキバナヒメハナバチと判る。


IMG_7277.jpg

今期は相当数のキバナヒメハナバチのオスが
河川敷で観察できました。

判りにくいですが頭盾が黄色いのが判るでしょうか?








category: ヒメハナバチ

[edit]

page top

公園でキバナヒメハナバチのオスが発生。

 IMG_7180.jpg

いつもの小さな公園にキバナヒメハナバチのオスが出現。
いつもより遅いなと思っていたら、
タンポポの花数が多くなってから発生した。
上手く時期が合うのもだ。

IMG_7190.jpg

今年は公園の外縁部を除草したのか
公園内の遊具の近くにタンポポが多く咲いている。


IMG_7196_20160409114157484.jpg

公園内のノゲシに訪花するオス。
ノゲシにはメスも見かけることが多い。

オスは他にはコオニタビラコでも良く見かける。




category: ヒメハナバチ

[edit]

page top

ムネアカキアシヒメハナバチの交尾 ~セイヨウカラシナ~

 IMG_7124.jpg

ムネアカキアシヒメハナバチの交尾。
交尾まで至らなかったかもしれないが、
私に、とっては大事な写真。

このメスと、このオスは同種の証明だから。
もっと鮮明な写真が欲しい所ですが、
肉眼ではシッカリ確認。






category: ヒメハナバチ

[edit]

page top

ムネアカキアシヒメハナバチ オス ~セイヨウカラシナ~

 コピー ~ IMG_7130

なかなか止らないが、
セイヨウカラシナの花の周りで小さな羽虫が飛び回る。
止った姿を確認するとムネアカキアシヒメハナバチのオスだ。



コピー ~ IMG_7132 

吸蜜中。
シャッターを切る。



コピー ~ IMG_7131 

同じような写真にしかならないが、
顔が撮りたくなる・・・・。

顔を上げるのを持ってシャッターを切る。














category: ヒメハナバチ

[edit]

page top

ムネアカキアシヒメハナバチ オス ~タンポポ~

 IMG_7047.jpg

今年はタンポポの花の上の
ムネアカキアシヒメハナバチの画像が撮れた。



IMG_7029.jpg 

ヒメハナバチのオスぐらいの大きさになると
花弁に埋もれてチョットばかり写しにくい。












category: ヒメハナバチ

[edit]

page top

春のシロスジヒゲナガハナバチの手乗り

 IMG_7110.jpg

穂の上で休憩中?
この状態なら・・・・指を出す。


IMG_7112.jpg

指に乗せて、あらゆる角度から鑑賞。
私が、そんなには持たない可愛いという感情が迸る。(笑)





category: ヒゲナガハナバチ

[edit]

page top

河川敷にキバナヒメハナバチのオスが現れた。

 コピー ~ IMG_7077

今期は河川敷の方が早く
キバナヒメハナバチのオスを確認できた。

相変らず可愛らしくて、
すぐに、あたふたと逃げる。


コピー ~ IMG_7076

もう少し時間が経てば近づけるようになるけど
早く写真を撮りたいのは人情か?(笑)





category: ヒメハナバチ

[edit]

page top

ムネアカキアシヒメハナバチのオスが現れた。 

IMG_7050.jpg  

私が行く河川敷では3月下旬には
ムネアカキアシヒメハナバチのオスが現れる。

イネ科などの小群落の周りで飛び回っているのが観察できる。



IMG_7088.jpg

写真の撮れ方で印象は驚くほど変るが、
もっと可愛らしく写る事が多い。


IMG_7034.jpg

早い時期に胸部の体毛が脱落している個体。
珍しく頭頂部や中胸盾板の荒く強い点刻が観察できた。





category: ヒメハナバチ

[edit]

page top

シロヤヨイヒメハナバチのメスかもしれない(妄想レベル)

IMG_6947.jpg  

4月初め。
菜の花で、たまに見かける白い体毛が
印象に残るヒメハナバチ。


IMG_6970.jpg

気になるが種は不明だった。
しかし各部を見ていくとシロヤヨイヒメハナバチのメス?
ネットにはオスの写真は多いのに
メスの写真は数えるほどと不思議な扱いを受けるハチ。


IMG_6975.jpg

詳細な写真を、さらに撮らないといけないが
これがシロヤヨイヒメハナバチのメスではないか?
という妄想が頭をもたげる。


IMG_6981.jpg

このヒメハナバチ・・・・
大概菜の花等にいる時花粉まみれで良く判らない。


IMG_6971.jpg

前胸盾板には刻みや溝はない。



IMG_6991.jpg

体毛や花粉で見えがたいが、
頭盾を良く良く観察したいところです。






category: ヒメハナバチ

[edit]

page top

イマイツツハナバチ

IMG_6921.jpg 

4月初め。
河川敷の堤防に上がるとイマイツツハナバチがいた。
近くにはマメ科の花が無いようでタンポポに訪花していた。


IMG_6924.jpg 

近くにはオスの姿も見られる。
オスの場合は、タンポポの花でも良く観察できます。




 

category: ハキリバチ

[edit]

page top