Tentar non nuoce.

種名は怪しいものもあります。

10/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

ヒトリコゲチャハエトリ オス ~幼体もしくは亜成体~

 IMG_2319 コピー

腹の模様や頭胸部の付け根の黒からオスだと思う。
幼体または亜成体と思うのは、
大きさが小さい事と触肢の先端の黒い毛が少ない事や形が違う・・
と思うから・・・。





スポンサーサイト

category: クモ

[edit]

page top

ヤガタアリグモのオス ~威嚇行動~

 IMG_2371.jpg

波板の上でヤガタアリグモのオスが出会った。
お互い視認すると躊躇のかけらもなく第一脚を広げながら接近。
接触したかと思うと、すぐに距離をとり、上顎を大きく開けて
30度ぐらいの円運動を左右に3度ほど繰り返す。

しかし、すぐに決着がついて黒い方のオスが
一目散に逃げ出した。

大事なのは大きさかなと思う。(なんとなく)


category: クモ

[edit]

page top

ハネナシヒメバチ属Gelis?の一種のメス

 IMG_2199_20161118223858d64.jpg

桜の樹幹を探索するようだった。


IMG_2195_20161118223904ead.jpg 

良く動くが撮影できないような素早さではない。



IMG_2193_20161118223902c64.jpg 

撮影しながら、
今の時期なら、あの樹には「あんなハチ」がいたなと
思いを巡らす撮影となった。












category: ヒメバチ

[edit]

page top

カマキリの幼虫

 IMG_2210_2016111822390181b.jpg

11月中旬にカマキリの幼虫がいた。
橋の手すりに一頭。
去年の12月25日に成虫を見た場所ではあるが
今頃の幼虫は冬は越せないだろう。


IMG_2209_20161118223900781.jpg

多分暖かい年なら普通にあることだと思う。
人間から見たら可愛そうな気もするが、
彼らにそのような感情があるはずもなく・・。
きっと精一杯生きていくのだろう。




category: カマキリ

[edit]

page top

アシブトコバチの一種。 ~腹柄が長い~

 IMG_2126.jpg

コンクリートの上をアリのようなものが。
ファインダーで覗くとアシブトコバチだ。
大きさは3mmぐらい。



IMG_2129.jpg

横から・・・。
あぁ・・君か。
冬場に独特の越冬姿勢をとってるコバチでした。




category: アシブトコバチ

[edit]

page top

ウヅキコモリグモ オス

IMG_2184.jpg  

花壇の内側から上にクモが姿を現す。
私の気配で1m50cmぐらい手前で彼等は花壇の内側に隠れる。

しかし、私が動きを止めると隠れたばかりなのに、ひょろっと姿を現す。
姿に似合わず可愛げのある抜けた行動。
なにか親近感が感じられる。(笑)


IMG_2181.jpg

コモリグモの仲間とだけは判るが・・・・
判らないなりに調べたが結果的に種を間違える。

私が考えた種類では、こんなに脚が黒くなる種少なくて・・・
ウヅキコモリグモと教えていただいた。

胸部背面の明色の縦筋の2箇所の「くびれ」が
大切なポイントみたいだ。


難しい。

category: クモ

[edit]

page top

キクヅキコモリグモ オス

IMG_2120_20161118182535db1.jpg

畑の用水路から駐車場に向かって
すばやく走るクモがいた。
なぜか途中で止まり・・・写真を撮る気になった。
この手のクモには関心は無かったがハエトリグモの影響で
心持が変化したようだ。
しなやかに伸びる脚に感心したり・・・ね。


IMG_2121.jpg

コモリグモの仲間という事は判る。
そして教えていただく。
キクヅキコモリグモと呼ばれる種だった。




category: クモ

[edit]

page top

アシブトコバチの一種。~翅に黒い曇りがあり対の白く丸い斑~

 IMG_2156.jpg

アシブトコバチが現れた。
体形は見た事のあるタイプだ。
上から見るとシッカリした身体で4mmぐらい。



IMG_2154.jpg 

翅に黒い部分があって対の白い丸。




IMG_2158.jpg 

頭部の構造も違うようだ。
何者だろう?












category: アシブトコバチ

[edit]

page top

シラホシコゲチャハエトリ メス  幼体?

IMG_1994.jpg  

成体と思っているものより小さい。
体毛もシッカリ覆われる感じではない。
そして成体と比べると茶色の毛が多い。

主眼の間の毛がない・・・。

写真が撮りにくい。








category: クモ

[edit]

page top

シラホシコゲチャハエトリ メス 成体?

 IMG_2073.jpg

シラホシコゲチャハエトリのメスの成体かなと思っています。
特徴が少なくて良くは判らない。

アブラムシを何気に、ひょいと捕まえました。


IMG_2068_201611171841158a0.jpg

IMG_2067.jpg 

コゲチャハエトリの仲間らしく
第4脚がカクンと曲がっています。





category: クモ

[edit]

page top

シラホシコゲチャハエトリ オス成体

IMG_1919.jpg  

2~3mmの小さなハエトリグモ。
ファインダーで捉えると印象深いクモ。


IMG_2075.jpg

美しいと感じるものは撮りにくい。
撮ったと思っても、満足できない。


IMG_2041.jpg 

成体になると、
ますますモデルとして魅力を増す。


IMG_2081.jpg 

背景はコンクリートなどではなく
土と緑で。


IMG_1925.jpg 

その内、チャンスもめぐってくるだろう。








category: クモ

[edit]

page top

シラホシコゲチャハエトリ オス ~亜成体か、それに近いもの~

 IMG_1819_20161114210127fca.jpg

幼体としたものに比べると
目の周りの茶がハッキリしている。


IMG_1824.jpg 


頭部の横の明線が細くハッキリしている・・・様な気がする。
写真には顕れないが幼体としたものより大きいのだ。


IMG_1835.jpg 

詳細に見れば詳細はまだ見つかるかもしれないが、
観察し始めて短いのが説得力ないよね。











category: クモ

[edit]

page top

シラホシコゲチャハエトリ オス 幼体?

 IMG_1904_2016111420130795d.jpg

シラホシコゲチャハエトリのオス幼体だと思う。
他の個体で目の周りや頭部前方の茶が
少しハッキリして触肢が白いオスがいるからだ。


yo.jpg 

前から見るとメスのようだが、触肢の形状がオス。


IMG_2026.jpg

本当に小さくて
的確にレンズから離れていく・・・
扱いにくい被写体だが撮影は楽しい。





category: クモ

[edit]

page top

イナズマハエトリ オス ~車止め~

IMG_1810.jpg  

高さ25cm位しかないコンクリート製車止め。
コゲチャハエトリを探して行き帰りに覗く。
このブロックでは初見のイナズマハエトリのオスがいた。


IMG_1812.jpg 

くぼみや穴を探索しているようだ。
黒い体に白い毛が映えて美しいクモだ。


IMG_1806.jpg 

あっ、睨まれた。
こんな所もハエトリグモの魅力・・・
はいはい、お邪魔でしたね。







category: クモ

[edit]

page top

ミスジキイロテントウ

IMG_1174.jpg IMG_1799.jpg  

てっきりハムシの仲間だと思って判らなかった。
そして教えていただいた。
ミスジキイロテントウと言い外来種という事だ。

3mmぐらいの大きさ。
テントウムシで調べたら判ったのかな?と思ったが
それでも、判らなかった気がする。


category: 甲虫

[edit]

page top

コモリグモの仲間?

 IMG_1178_20161114145922ef4.jpg

目の前をクモが横切り、ヒメツルソバの株の中に。
見える場所でジッとしている様だ。

どんな顔をしてるのだろう?
ファインダーで捉える・・・

「サル?」
そうか、こんな顔をしてるのか。














category: クモ

[edit]

page top

キハダエビグモ

 IMG_0765.jpg

キハダエビグモとツイッターで教えていただいた。
樹幹のハエトリグモを探していた時で大きさに少し驚く。
実際は長辺を計っても30mmぐらい。


IMG_0768.jpg

幹にピッタリ張り付いている。
身体が薄いのか?
どんな顔をと撮ってみた。
良く判らない・・・もっと正面から撮らないと。



category: クモ

[edit]

page top

アダンソンハエトリ オス・メス成体

IMG_1764.jpg  
メス

IMG_1792.jpg
オス

22mx7mはある大きな壁面に
アダンソンハエトリのオスとメス。


IMG_1767_2016111412205180c.jpg
メス

IMG_1787.jpg
オス

彼らは出会えるだろうか?






category: クモ

[edit]

page top

ヒトリコゲチャハエトリ オス成体 ~印象が違う~

 IMG_1776.jpg

暖かな日。
ハエトリグモというと、8本の脚を少し引き寄せた印象があった。
ヒトリコゲチャハエトリなんだけど印象が違った。


IMG_1775.jpg

動きが素早く、8肢がスラリと伸びたような・・・
違う種かもと気になって伺うと
ヒトリコゲチャハエトリとの事・・・。
あっ、やっぱり。








category: クモ

[edit]

page top

ヒメバチ科の一種 メス

IMG_1708.jpg  

渓流沿いに土嚢が置いてあった。
その上に8mmほどのヒメバチ。
いつもながら美しい脚の配色と抑えた美しさの複眼。


IMG_1720.jpg

この種の事が判るかもと、
指の上で慎重に撮影。





category: ヒメバチ

[edit]

page top

ヒトリコゲチャハエトリ オス+10円玉

IMG_1686.jpg

ハエトリグモの中では良く見かける ヒトリコゲチャハエトリ。
こんなにチッチャくって大人。
私は、まだそんな事で驚いている観察レベル。





category: クモ

[edit]

page top

ヒトリコゲチャハエトリ交接

 IMG_1681.jpg

肉眼で見た時??と思った。
角度を変えて撮影すると判ってきた。
これがクモの交接だ。



IMG_1679.jpg

オスの頭も撮りたいが、
低い位置で撮影は難しい。


IMG_1676.jpg

最初見た時・・・
すぐに交接だと気が付いていれば、
もっと撮影の仕方もあっただろうと思う。




category: クモ

[edit]

page top

ヤガタアリグモ メス~腹の黒帯に窪み・山型の赤い線~

IMG_1865_20161113232430c7b.jpg 

ヤガタアリグモで 、大型の個体で良く見るタイプ。
赤の色の変化は大きくあるようだ。

腹部の大体中央部に黒帯があり、
背面中央の窪み。

出る個体と見難い個体もあるが、
黒帯内に山型?の赤い線が入る。


IMG_1869.jpg

体躯はスマートで腹柄が長く見える・・
たぶんヤガタアリグモと認識して良い部分ではないかと思える。

オスメス色々なタイプのヤガタアリグモを出して
整理しようという思惑だが、取り留めなくなるような気がする。




category: クモ

[edit]

page top

ヤガタアリグモ オス ~腹柄などプロポーションから~

IMG_1612.jpg

無垢のような金属フェンスに沢山の昆虫が集まっていた。
そんな中に濃い茶色のアリグモがいた。


IMG_1614.jpg

細い身体に長く見える腹柄。
要するにスマート。
このプロポーションはヤガタアリグモ。
私一人の判断では心もとないので専門家の方にも伺った。
ただ、専門家の方は写真のみの判断で、
ヤガタアリグモだと思った撮影者の選択した写真を見ています。


IMG_1613.jpg

ヤガタアリグモのオスはオスでも頭部と胸部の間・・・
頭部後端下部に白い毛あるという事。
植えの写真で辛うじて写っています。


IMG_1611.jpg

ヤガタアリグモは赤い色彩が印象に残って
地味な色彩になると別種と思ってしまいます。

現時点では色々な個体を撮影して
ヤガタアリグモの全体像がつかめればと思っています。





category: クモ

[edit]

page top

ヒメバチ科チビアメバチ亜科のDusona属の一種

 IMG_1609_20161108152200f64.jpg

山中で少しだけ光沢を抑えたフェンスがあった。
高さは3mぐらい・・・70mは続いている。
その明るさからか各種の昆虫が集まっているようだった。
そんな中にアメバチらしき個体。
大きさは20mmぐらい。


IMG_1605_201611081522033bb.jpg 

ややこしい(笑)ハチを撮る時は
出来るだけカッチリと詳細に・・撮れる時はね。
うん、なかなか精悍なメスのハチだ。


IMG_1602.jpg 

うん、この手のハチの複眼は黒の中に緑を宿して
渋く美しい。

呟いてみると
ヒメバチ科チビアメバチ亜科のDusona属と教えていただきました。
ヒメバチは美しいハチも多いので覚えたいが難しい。







category: ヒメバチ

[edit]

page top

赤味の強いネコハエトリ メス

 IMG_1584.jpg

一際高いフェンスの支柱の上に、
毅然と立つハエトリグモがいた。(笑)
遠目から見ると姿勢からハエトリグモと判るが赤かった。
正体はなんだろうと近寄る。
ネコハエトリだった。


IMG_1582.jpg

脚にも単眼周りのように赤い毛を有していた。
赤く見えるわけだ。


IMG_1592.jpg

あれ?正面から見ると赤さを、あまり感じない。


IMG_1594_20161108130441e6e.jpg

上から。
確かにネコハエトリのようだ。

赤く見えたのは横から見た事と、
光の当たり方なのかな?
要確認。




category: クモ

[edit]

page top

オキナワカギバ 対馬以外亜種

 IMG_1649_20161108122131aca.jpg

厚手の葉が赤くなったような質感の翅。
気軽に撮影。



IMG_1650.jpg 

顔を覗くと・・・
赤い!脚まで赤い!!

ペッタリくっ付いていて十分に撮れない。
指の乗せて撮ろうとしたが逃げた。

ネットで調べる。

食草・・・何箇所か心当たりがある。
巡ってみよう。

この赤は、それだけ魅力的だった。










category: 蝶・蛾

[edit]

page top

シラヒゲハエトリ  幼体 ~薪置き場~

 IMG_1345.jpg


体長3mmぐらい。


IMG_1352.jpg

腹の模様もハッキリしていない。
でも見た感じはシラヒゲハエトリだ。


IMG_1353.jpg

単眼の上部は成体では黒いが、まだ茶色だ。
まだオスかメスかハッキリしないみたい。




category: クモ

[edit]

page top

ナミコオロギバチ  メス

IMG_1318.jpg  

足元のツタを見るとコオロギバチらしきものが。
この時期日当たりの良い壁などを見るとコオロギバチを良く見る。
この個体は胸の質感や翅の色などから
ナミコオロギバチだと思う。




category: ケラトリバチ

[edit]

page top

シラヒゲハエトリ オス ~古民家~

 IMG_1307.jpg

古民家の柱にシラヒゲハエトリのオス。
すぐに柱の割れ目に逃げられる・・・が。


IMG_1308.jpg

綺麗に側面を見せて隠れている。
願ったり叶ったりだ。


IMG_1327.jpg

しばらく静観していると出てきた。
盛んにレンズを警戒する。
頭を傾けたり・・・
ハエトリグモの動作は良いなぁ。




category: クモ

[edit]

page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。