Tentar non nuoce.

種名は怪しいものもあります。

09/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

黒褐色が無いタマバチヤドリトビコバチ

IMG_9017.jpg

腹に黒褐色の部分が無いタマバチヤドリトビコバチ。
やっと見つかりました。


IMG_9019.jpg

翅で隠れて判りにくいですが、
肉眼でも確認できる黒褐色部分がありません。
この様なタマバチヤドリトビコバチに付いては、
BABAさんおちゃたてむしさん
タマバチヤドリトビコバチのオス、もしくはオス?として
扱っていらっしゃいます。

上の2枚の写真の個体は、
胸部に比すると確かに腹部が短い。



IMG_9018.jpg

さらに触角先端の面積が大きいようです。



IMG_7212.jpg

こちらが腹部のほとんどが黒褐色の個体。
黒褐色は9割ぐらい占めています。
明らかに腹部が長く、触角先端部の面積は小さいようです。


IMG_8692.jpg

黒褐色の帯が薄く一本。
そして黒褐色は7割ちょっとぐらい?


こちらは先端部が大きく見えますが、
先端部が葉面を向いているため、
このように見えると推察されます。


IMG_8403_20140130133137fca.jpg

こちらも触角の先が葉面に向いている為、
多少大きめに見えますが、
上の3枚の個体と比べると触角先端の面積は小さめ。


IMG_7925.jpg

今シーズン良く見る腹部の黒褐色が塗り分けられたタイプ。
帯が2本に、黒褐色部2割ちょと?

IMG_8711.jpg

腹部の黒褐色は変異があるようですね。

触角の先端の面積は腹に黒褐色の部分が無い個体が
一番広く見えます。

腹の長さは、
黒褐色の部分が無いものが一番短くて、
黒褐色が腹部をほぼ占めるものが長そう。

黒褐色の占める割合が少なくて
帯がある物は短めに見えますが、
試しに帯の部分まで黒褐色で塗りつぶすと、
長めに見えるので、色のせいで短めに見えるのかもしれません。


しかし、写真は撮れ方によって印象は思ったより変化します。
よって、推論に過ぎません。

単に被写体としてコバチが好きな私ですので、
戯言として判断した方が吉だと思います。











スポンサーサイト

category: トビコバチ

[edit]

page top

« トビコバチ科 ?Microterys nietneri  |  ナガコバチ科 Neanastaus albitarsis »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tentarnonnuoc.blog.fc2.com/tb.php/103-4904ce86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。