Tentar non nuoce.

種名は怪しいものもあります。

06/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

ココアシフォン  ココア増量60gちょっと(笑)

IMG_6416.jpg

ココア色のシフォンが出来た。
40gとかは入れた事はあるがココアの風味がもっと欲しい。

試しに60g入れたらと思って作ってみた。
粉物と水分のバランスと砂糖のバランスが取りにくいように思われた。

60gのつもりだったが、残りが後少しだったので加える事にした。

ココアに砂糖15gを混ぜて牛乳で溶いていく・・・
溶いていく・・・・・
(ココアシフォンを作る時は最初にココアを水で溶き、
最後に混ぜると上手くいくらしい)
牛乳で溶いたのは私が勝手にしています。
ココアって、ミルク・砂糖・ココアのバランスが難しいと思ってるから。

あれ・・・なかなかトロッとならず牛乳の量が増えていく。
このままでは、卵黄生地に必要な水分まで入れてしまいそう。
しかし硬いままでは混ざらないのでトロッとなるまで加えた。
ココアのダマもあるようで、最終的には漉す事にした。
このココアの分量は合わせて158gに達していました。

さて卵黄生地。
タマゴのサイズがMだったので、卵黄5個。
砂糖を加え水80ccを加え・・・
サラダ油40cc・・・空気をタップリ含んだ状態に。

小麦粉を125g投入すると・・・
突如粘性の高い生地になった・・・・
抹茶シフォンを作ってるような気分になった。
仕方なく牛乳でギリギリの粘度まで緩めた。

メレンゲは卵白7個分。
シッカリ泡立てる前に少しだけ卵黄生地にメレンゲを加えて
さらに緩めた。

気持ちだけ緩めに立てたメレンゲを
卵黄生地に合わせていく。

さて正念場・・・
ココアを溶いた物を最後に混ぜ合わせる。
さてどうなるか?
作りながら・・・失敗作を食べるのか・・・
もったいない事をしたと思いながら。(笑)

オーブンに入れる。
予想通り膨らみのピークは何時もより遅い。
30分ぐらいかかってピークに。
心の中は落ち着かない。

焼き上げると、やはり膨らみは少なめ。
でも、こんなものだろう。

落下しないように祈りつつ冷却する。


IMG_6420.jpg

何とか形はとどめた。
ココア色そのもののシフォン。
カットするまで判らないが少しテンションUP


IMG_6422.jpg

肌理は粗めだがフワフワ。
すでにココアの匂いがする。

一日半ほどおいて食べる事にしよう。
ココアの風味は濃厚に欲しいが入れ過ぎると
砂糖の量や水分の量のバランスがとりにくい。
ココアの量は、程々が作り易いようだ。











スポンサーサイト

category: シフォンケーキ

[edit]

page top

« アカガネコハナバチ  オス  |  ココアシフォン »

コメント

 こんばんはー

 
 確かに、たくさん入れれば風味が増して良いというものでもないですよね。粉を全部ココアとかやったことがある奴が言えた口ではありませんけれども…。  158gは、ココアと砂糖と牛乳で、ということですよね? いつも17 cmで作っているので、それだけですごい量に思えます。


 塩昆布は入れるつもりで画像だけ撮っていますよ。ふじっ子のでした。メーカ比較はしないと思いますが、いつかは試すはずです(*^^)b。

 以前言っていた、鬼皮を剥いていたものをやっとシフォンに入れたのですが、ちゃんと食べられるものができているかどうか不安です。

だま #99DFA69w | URL | 2013/11/11 21:56 | edit

シフォン単独での完成度

 だまさん、こんばんは。
 158gと書いたものの、もっと多かったかも。
とにかく対処療法みたいな製作となりました。

 製作後2日目位が美味しかったような気がします。
ココアを多く入れるより、ホイップにココアを少量混ぜた方が風味が激しく増すので、少し残念。
シフォンに惚れ込む人は、シフォン単独で味を追及する人が多いようでシフォン独特の魅力なのかもしれませんね。
あらゆるフレバーのスポンジって聞いたことないし・・・。
 渋皮煮は、多量に作ったにも関わらず渋皮煮として消費されました。
 
 しかし・・・・クサイチゴのフレバー(フランボアーズと大差なし)など、トッピングとして工夫した方が風味を楽しめるのが残念です。
考えると香りが豊かで甘いバナナってシフォンにすると素晴らしいですね。

usunoki #H6hNXAII | URL | 2013/11/12 00:47 | edit
page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tentarnonnuoc.blog.fc2.com/tb.php/22-d68df595
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。