Tentar non nuoce.

種名は怪しいものもあります。

08/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

アカガネコハナバチ ~ヒナタイノコヅチの花と~

IMG_6367.jpg

畑のヒナタイノコヅチの花でアカガネコハナバチを見つけた。
触角の長さから間違いなくオス。
朝の10時ぐらいは、ほとんどオスばかりだった。


IMG_6584_20141012162218ad9.jpg

光や体毛の様子で印象は変化するので実物を見た方が良いとは思うが、
頭盾下部の黄斑や脚の黄色がオス・・・
今のところオスでありながら黄斑が消失したものはいなかった。
何回か見れば触角の長さで簡単に判断がつきます。

それゆえに脚の色や黄斑に気が付かない事もあります。



IMG_6522_20141012162215cf7.jpg

こちらがメス。
オスより活動時間が遅いのか、しばらくしてから個体数が増えました。


IMG_6566.jpg

大人しいハチですから、気が向くと指の上に乗ってきます。
アカガネコハナバチにすれば大きめの個体です。


IMG_6506.jpg

メスが液体を吸ったり出したりしていました。
液体の中に気泡がある事から粘度がありそうです。
集めた花蜜だと思います。

他のコハナバチやメンハナバチなどで良く見る行動ですが、
気泡が写っていたのでUPしました。




スポンサーサイト

category: コハナバチ

[edit]

page top

« コハナバチの一種  メス ~ヒナタイノコヅチの花と~  |  ミズホヤドリコハナバチ? オス ~フジバカマの花と~ »

コメント

アカガネコハナバチのこの複眼の色の撮影も今年の目標の一つでしたが、すっかり失念していました。
光の加減などなかなかこの色が出ません。
台風が行ってしまったあと、探しに行ってみます。
それにしても適度に被写界深度があって良い写りですね。
どんな機材を使われているのか興味津々です。
コハナバチ写真の一つの理想画像です。

Nature_Oyaji #qefPXHUU | URL | 2014/10/12 19:57 | edit

Nature_Oyajiさん、こんばんは。

 緑になるのはファインダーでも判りますから、すぐに慣れる事でしょう。
晴れていたほうが緑になりやすいですね。
曇ってると青灰色みたいになります。
 機材ですか・・・。
小さなハチ(コバチを除く)ではキャノンKDN+55~250mm(白箱)+レイノックスDCR-250です。
鳥の写真も撮りますから機材は、これだけという訳でもないのですが「訳あり」で、この機材となりました。
今年の3月まではコンパクト改でした。
クローズアップレンズなので近寄らないとピントが合わない・・ピントの合う距離が限られてる・・・など制約がありますが、この位がおもしろいのです。

usunoki #H6hNXAII | URL | 2014/10/12 20:40 | edit

DCR-250の存在すら知りませんでした。
この小さいコバチがこれだけの解像度と被写界深度で撮影出来るのは良いですね。
マクロの紙一枚位のピントでは出来ない味わい深い出来栄え。
腕があっての使いこなしなのでしょうが、この雰囲気好きなので DCR-250、どうしようか本機になってます。

Nature_Oyaji #qefPXHUU | URL | 2014/10/12 23:55 | edit

Nature_Oyajiさん、こんばんは。

う~~ん、写りとか解像力はマクロが良いと思います。
質感がマクロのほうがリアルですよ。
だだ私はマクロの空気感や視覚の不自然さが嫌いで小物の撮影にベローズに85mmで・・・などという事をしてます。
EFもプラナーもニッコールも余り好きなレンズでは有りませんでした。
プラナーは質感描写は好きでしたがピントが神経質で・・
ズイコーが好きなタイプでした・・・繊細な写りが好き。
 でも、この組み合わせはボケは思ったより素直な印象です。
絞りは最低でも16以上は絞りたい所ですが、KDNはISO400が限界なのでF10で撮影する事もしばしば。
被写界深度ですが、マクロと変らないと思います。
いつもピント面を意識しないとダメですから。
遊びで使うレンズとしてはオモシロイです。

うすのき #H6hNXAII | URL | 2014/10/13 01:27 | edit

いろいろ試されての到達点なんですね。
こちらは2年少しの駆け出しで、メーカー比較やレンズ比較など程遠く、基本もままならない状態なんです。向き合う昆虫に入れ込む気持ちだけは一人前なんですが。
もう50才も超えて体力も資金もないので、軽くて機動性のあるE-M1が相棒です。
昆虫たちはほどんど60mmマクロですが、いつも被写界深度が足りずにいたので、このハナバチの写真を見て、これだ!と思った次第です。
いろいろまた教えていただければと思います

Nature_Oyaji #qefPXHUU | URL | 2014/10/14 20:13 | edit

Nature_Oyajiさん、こんばんは。

 おぉ、良いカメラ・・・私にとっては銀塩の頃のOM1が思い出されます。
人によっては懐古に走ったデザインと言いますが良いデザインは変更の仕様がないし・・・使い良いカメラが一番ですよね。
フォーサーズといえば、被写界深度あるほうですよね。
というか、昔の人は皆フルサイズでしたので紙みたいなピントって当たり前なんです。
私の使ってるレンズも絞らないと紙のまま。
レンズ性能から言って開放では使えないタイプと言った方が良いかも。
がっつり絞って深度稼いでください。(絞りすぎたらダメダメだけど)
そのカメラなら何でも出来ます。
オリンパスですよ、虫なら一歩進んだメーカーだと思います。

 価格comなど見ると判ると思いますが、適当にピントのあった写真を撮って写りに満足とか書き込んでる人もいますから、気をつけてください。
あのサイトのレビューは笑えるほうが多いので。

うすのき #H6hNXAII | URL | 2014/10/14 20:37 | edit
page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tentarnonnuoc.blog.fc2.com/tb.php/261-233bdc9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。