Tentar non nuoce.

種名は怪しいものもあります。

07/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

おそらくスネナガヒメハナバチ 4月中旬から5月 ~ホンキリシマ~

 IMG_0063_201507011037232e8.jpg

4月中旬の話。
奥まった山を開き造成された公園のホンキリシマの花。
ヤヨイヒメハナバチに混じってヒメハナバチのオスが観察できました。
ヤヨイヒメハナバチのオスかなと思いましたが、
頭部を上から見ると毛色がヤヨイとは違います。


IMG_0061.jpg 

シロヤヨイヒメハナバチかとも思いましたが、
これがシロヤヨイと思えるような種に出会ったことがありません。
さらに大顎の基部に突起がある所からシロヤヨイではないです。

実は、この場所は何年か続けて観察していて、
大顎の突起は私にとって予想を裏付けるものだったのです。



IMG_1066.jpg 

4月下旬から5月。


このヒメハナバチが3年間、思い悩んだヒメハナバチのメス。
現場でのパッと見た目はヤヨイみたいなのですが、
少し見ると印象が違います。
さらに少し大きい。
体毛も少ない。


IMG_1058.jpg 

2014年。
クモに噛まれたヒメハナバチが目の前で動かなくなりました。
当時は「日本産ハナバチ図鑑」はなくて撮影ポイントが判っていませんが
とりあえず撮影します。


IMG_1057.jpg 

手のひらに乗せて頭部を正面から。
頭盾の形、決定的なのは頭盾中央部の無点刻部分。
ヤヨイヒメハナバチは中央縦の無点刻部分はありません。

と判ったのは図鑑のおかげ。

さらに疑問を持ちながら見続けていましたから
おぼろげな種への感触を持ち続けていました。

発生時期・環境・訪花植物・ヒメハナバチの毛の状態。
スネナガヒメハナバチではないかと思ったのは去年の9月。


IMG_1070_201507011037406e8.jpg 

写り方で印象は驚くほど変りますが、
ヤヨイの頭盾とは違います。

スネナガだと思いますが、
悲しいかな後脚脛節が長いという知識はあれど
確証がもてません・・・確かに長いようではあるけど・・・。


申し訳ないとは思いつつメールで意見をお伺いしました。
忙しい方なので連絡が付くかなと思いつつ。
出張先より連絡がありました。

顕微鏡下での観察が必要ですが、
総合的に見てスネナガヒメハナバチだと思われる・・・。

心の中では「やったーっ。」です。

来年からは半分くらいスネナガヒメハナバチであるという
決定的な写真を!と姿勢を半分決めて撮影に望めます。

しかし油断は出来ません。
仲間が多くて難しいのです。
あらぬ方向に転がり出す事もあります。

それによって新しい発見もあります。
あぁ、ヒメハナバチって面白い。






スポンサーサイト

category: ヒメハナバチ

[edit]

page top

« シロスジカタコハナバチ メス ~ヒメジョオン~  |  フタモンカタコハナバチ メス ~スイセンノウ~ »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tentarnonnuoc.blog.fc2.com/tb.php/452-d7918a7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。