Tentar non nuoce.

種名は怪しいものもあります。

07/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

シロスジカタコハナバチ メス ~ヒメジョオン~

IMG_5156.jpg

空き地にヒメジョオンが何株か咲いていたので様子見で入ってみた。

見慣れたフタモンカタコハナバチより
大きく見えるコハナバチが花の上に1頭。
  


IMG_5143.jpg

カタコハナバチの仲間というのは判る。
ファインダーを覗きながら腹部第1背板の毛束を探すが
眼を凝らしても見つからない。


IMG_5161.jpg 

違う種類のカタコハナバチだと思いつつ
ひたすら写す。
前伸腹節の彫刻は、フタモンとあまり変らないが、
中胸盾板の様子は違っている。
点刻は大きく密で力強い。


IMG_5120 コピー 

さらにPCで開けてみると側方角が発達している。
カタコハナバチはコハナバチとしては親切?で
同定の手助けする形状を持っています。

本州にはいないサキシマカタコハナバチと
シロスジカタコハナバチ以外では、
これほど側方角が発達するものはいません。

近畿地方で撮影されていますから・・・
シロスジカタコハナバチという事になります。


IMG_5137.jpg 

シロスジカタコハナバチのオスが発生する場所は知っていますが、
今期は草刈が早くてヤブカラシが綺麗になくなっています。

新しい場所を探さないといけません。






スポンサーサイト

category: コハナバチ

[edit]

page top

« Megachile concinna Smith, 1879(スダキヌゲハキリバチのシノムニ) オス ~コヒルガオ~  |  おそらくスネナガヒメハナバチ 4月中旬から5月 ~ホンキリシマ~ »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tentarnonnuoc.blog.fc2.com/tb.php/453-49308ca3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。