Tentar non nuoce.

種名は怪しいものもあります。

03/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

フタモンカタコハナバチとシロスジカタコハナバチ ~メス~

名称未設定-3 コピー 

フタモンカタコハナバチと シロスジカタコハナバチ。

似てはいますが良く見ると全然違う。
大きさが違ってシロスジの方が大きい。
一番最初に判るのが前胸背板の側方角。(矢印)
シロスジは私の地域では一番発達している。
フタモンはアングルによっては確認できない時がある位。

しかし背景などによってシロスジでも確認しづらい事もあります。



名称未設定-1 コピー 

中胸盾板の点刻が全く違うのが判ると思います。



名称未設定-12コピー +

腹部第1節背板も違います。
フタモンは名前の通り対の毛束が個体差があっても
有する事が多い。(無い時は、点刻の分布で確認できます)

シロスジは腹部第1節の前部側方が盛り上がっています。
この盛り上がりは写真にも写り易いみたいです。


他のカタコハナバチとの見分けは、さらに細部の写真が必要です。

ですがフタモンとシロスジは見分けは可能。

毛束のないフタモンやサビイロ・ニッポンも同定可能ですが
撮影時に同定するのは難しいみたい。

ニッポン、サビイロは正確な写真が撮れていないのだった。







スポンサーサイト

category: コハナバチ

[edit]

page top

« TORARIN  |  ニホンミツバチ  ~カナムグラ~ »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tentarnonnuoc.blog.fc2.com/tb.php/583-11e8462a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。